【インディーズゲーム応援キャンペーン実施中】

新人エンジニアがゲーム開発エンジンUnityを使ってみた3【オブジェクトの配置と操作】

こんにちは、ひっしーです。

今回で第3回の投稿になります。

ここまで、インストールからUnityの画面名称について説明してきましたが、今回は実際にオブジェクト(ゲーム内の物体)を配置していこうと思います。

今回の目次です。

  • オブジェクトを作る
  • オブジェクトの移動と回転と拡大縮小
  • まとめ

オブジェクトを作る

まずは、実際にゲームに配置する物体を作成しましょう。

ヒエラルキービューの上に+ボタンがあるのでこちらをクリックしてメニューを開きましょう。

メニューから[3D Object]>[Cube]を選択してキューブを作成します。

すると、ヒエラルキービューにCubeが表示され、シーンビューにも正方形の図形が表示されました。

では、次は球体を作成します。

球体の作成の前にCubeを削除しましょう。
(Cubeが残っていると作成した球体が重なって見えなくなるため今回は削除します。)
Cubeをクリックして選択されていることを確認したら、キーボードのDelで削除できます。

Cubeの削除が出来たら先ほどと同じように、+ボタンから[3D Object]>[Sphere]を選択してください。

するとヒエラルキービューにSphereが表示され、シーンビューに球体が表示されました。

このようにUnityには、基本の図形であれば備え付けで作成できるようになっています。

このほかにも円柱(Cylinder)カプセル型(Capsule)なども同じように作成できるので自分の使いたいものを選んで作成しましょう。

また、オブジェクトの作成はヒエラルキービュー内でマウスの右クリックをすることでも同じように作成することが出来るのでこちらも活用してみてください。

オブジェクトの移動と回転と拡大縮小

次は、実際に作成したオブジェクトを移動させてみましょう。

移動がわかりやすいのでCubeで説明します。

・オブジェクトの移動

まず、移動や回転といった操作をするためにはモードを切り替える必要があります。

モードの切り替えは画面左上のボタンから切り替えることが出来ます。

このボタンの矢印が十字になっているボタンをクリックします。

すると選択しているオブジェクトの中心から矢印が表示されます。
子の矢印はそれぞれX軸、Y軸、Z軸と対応していてそれぞれの方向を表してます。
この状態になったら移動をオブジェクトの移動を行う準備が整いましたので実際に動かしましょう。

それぞれの矢印をクリックしてそのままマウスを動かすと動かした方向にオブジェクトが移動します。

また、矢印の根本にそれぞれ四角い範囲がありますが、ここをクリックして動かすと、接している矢印の方向に自由に動かすことが出来ます。

画像で言うと赤い範囲をドラッグすればY軸Z軸を自由に移動でき、青い範囲をドラッグすればY軸X軸方向を自由に移動させることが出来ます。

ここまではシーンビューから視覚的にオブジェクトを移動する方法でしたが数値的に移動することもできます。

Cubeを選択した状態でインスペクタービューを見てみましょう。
するとこのような画面になっていることがわかります。

いろいろ表示されていますが、まずはTransformに注目してみましょう。

Transformの中にあるPositionという部分にXYZの値が入っています。

これは、先ほど動かしたCubeのXYZ軸座標を数値としてあらわしています。
そのため、適当に動かしたオブジェクトの座標をここで確認することが出来ます。

では、この数値をすべて0にしてみましょう。

すると、シーンビューのオブジェクトが移動したかと思います。

そうです、この画面から数値を入力して直接オブジェクトを移動させることも可能です。

私はオブジェクトを配置する際、シーンビューで大体の位置を決めてからインスペクタービューで小数点を消したり、微調整を行ったりしてます。

・オブジェクトの回転

こちらも移動とほとんど同じですが、モードが違うので解説します。

まずは先ほど同様モードを切り替えます。

左上のボタンから矢印で書いた円のようなボタンをクリックしてください。

するとオブジェクトの周りに色のついた線が円で覆うように表示されました。

オブジェクトの移動と同様に線をクリックしながらマウスを移動してみましょう。
するとオブジェクトが回転します。

鋭い人ならもうわかると思いますが、この線もXYZ軸を表しています。

各軸のを基準に回転していますね。

これは余談ですが、Unityはオブジェクトを移動や回転させるためにつかんでいる最中はマウスのカーソルが画面端の先に行こうとすると逆の画面端からカーソルが出てきてループします。
そのため、画面の大きさにかかわらずオブジェクトを回転や移動できます。
意外と便利なので覚えておくといいかもしれないです。

さて、オブジェクトの回転もインスペクタービューから数値的に変更することが出来ます。

Cubeを選択してインスペクタービューを確認してください
今度はTransformRotationに注目してください

回転させる前はすべて0でしたが、今見てみると数値が入っています。
これは、今のオブジェクトの角度が入っています。

これをすべて0にしてみてください。

すると、オブジェクトが元の角度に戻ります。

このようにオブジェクトの向きを自由に操作することが出来ます。

・オブジェクトの拡大縮小

ここまではオブジェクトの大きさや形を変えずに移動と向きの変更のみ行いましたが、Unityはオブジェクトの大きさも変更することが出来ます。

それでは見ていきましょう。

こちらも先ほどまでと同様にモードを切り替えます。
四角の中に矢印が斜めに描いてあるボタンをクリックしてください。

すると、移動の時と似ていますがオブジェクトの中心から先端が四角になっている線が伸びています。
その線をこれまで同様にクリックしながら引っ張ってみましょう。

するとオブジェクトの大きさが変化したかと思います。

私の場合はY方向に伸ばしてみました。
このようにXYZ軸に対応する線を引っ張ることで大きさを変化させることが出来ます。

ここまで解説を読んでくれている方で勘のいい方ならもうわかっているかと思いますが、オブジェクトの拡大縮小もインスペクタービューから数値で変更することが出来ます。

では、TransformScaleを見てみましょう

これまで同様に数値が入っています。
私の場合はYの値が大きくなっていますね。
ですが、今回は、変更していないはずのXとZにも数値が入っています。
今までは、位置を移動していたので座標を表していたんですが、今回は大きさなので1が入っています。

試しにすべての値を0にしてみましょう。
すると、オブジェクトはヒエラルキービューから消えていないのにシーンビューから姿がなくなってしまいます。
大きさが0の物体なので見ることが出来なくなってしまったんですね。

移動・回転とインスペクタービューでの操作はほとんど変わらないですが、大きさと数値の関係性を理解していないと混乱することがあるのでしっかりと覚えてください。

まとめ

ここまで、オブジェクトの作成と操作を解説していきました。

今回の解説では以下のことを覚えていただけると幸いです。

・ヒエラルキービューでオブジェクトを作成する
・シーンビューで視覚的にオブジェクトを操作できる
・インスペクタービューで数値的にオブジェクトを操作できる

オブジェクトの操作もいろいろな方法があるので自分のやりやすい方法を見つけてゲーム作成を行えるといいですね。

まだまだゲームを作るためには覚えることがありますが、基礎を抑えればそれほどゲーム作成の道も遠くないので皆さんも一緒に頑張りましょう!

Unityの使い方についてはこれからも投稿しますので皆さん読んでいただけると幸いです。

(Written by ひっしー)