【インディーズゲーム応援キャンペーン実施中】

現役WebエンジニアがGitHub管理を解説してみた

GitHubとEclipseを連携して、Eclipse上からGitHubの操作が出来るように環境を構築していこうと思います。

※GitHubのある程度がある事を前提にしている記事ですのでGitHubとは?という方はGitHubの使い方をググってみてください。

目次

  • 必要なもの
  • GitHub上にリポジトリを作成しよう
  • Ecipse側にクローンのプロジェクトを作成しよう
  • Ecipse側でローカルに新規ブランチを切ろう
  • ローカルの新規ブランチからコミットしてみよう
  • ローカルのブランチからGitHubにプッシュしよう

必要なもの

  • GitHubアカウント
  • 開発環境の整ったEclipse
  • インターネット

GitHubアカウントのない人は作りましょう。

GitHub上にリポジトリを作成しよう

右上の+アイコンからリポジトリの新規作成を選択

今回のリポジトリ名は「testgithub」でpublicにしておきましょう。REDEMEの生成も一緒にチェックを入れます。
そしたら緑のボタンでリポジトリを作成!

するとこうなる。

これでGitHubにリポジトリが作成できました。サクサク次へ行きましょう。

Ecipse側にクローンのプロジェクトを作成しよう

Eclipseでの作業になります

パッケージエクスプローラー上で右クリック
インポートでGitを選択

今回はスマートインポートを利用します
クローンURIを選択
URI・ユーザー・パスワードの3箇所を入力

URIはGitHubのここから確認できる。

masterしかブランチがないのでこのまま次へ
ディレクトリは分かりやすく設定しよう
ワークスペースにプロジェクト名と同じフォルダを作成しそこへ指定

これで無事にEclipseとGitHubが接続できました

Ecipse側でローカルに新規ブランチを切ろう

「devtest01」という名前でブランチを作成していく。
ブランチは「支流、枝、分岐」という意味でmaster(本体)から枝分かれをさせるという意味になる。
例として教科書をmasterのブランチとする。教科書に直接書き込むと人から借りた教科書だったりして問題になる場合、コピーを取ってメモや注釈を書き込んだりしていくようなイメージ。あとで自分の教科書に貼り付ければ教科書の、元の内容はそのままに自分のメモや注釈が反映された状態になる。

GitHubと接続したプロジェクト上で右クリック→チーム→切り替え→新規ブランチ

ブランチ名を「devtest01」にして完了するとブランチが作成される。

ローカルの新規ブランチからコミットしてみよう

続いてブランチからローカル上のGit連携プロジェクトへ新しいファイルをコミットしてみよう。

コミットとはざっくりと「追加・変更したファイルをGitに登録する」という意味でとらえれば大丈夫のはず。
詳しい解説は難しいのでGoogle先生に教えてもらおう。

ということで早速次の作業へ

Eclipse上でdevtest01.txtというテキストファイルを作成してコミットしていく。
このファイルはテキストファイルに限らずjavaファイルやclassファイル、画像や音声ファイルなどでも問題ない。

ファイル上で右クリック→チーム→コミット

対象のファイルを選択してコミットしていく。
※プロジェクトまるごとコミットもできるが、複数人で開発をしている場合に競合が発生する可能性が高まるので基本的には自分が触ったファイルだけをコミットする癖をつけよう。

Gitステージングのタブが画像のようになる

ステージされていない変更とは、ブランチへ登録する対象になっていない状態なので、反映したいファイルを選択していく。
ファイルを選択して右上の+アイコンを押すと

このように対象のファイルがステージされる。
あとはコミットボタンを押すだけでブランチへファイルの変更がコミットされる。

ローカルのブランチからGitHubにプッシュしよう

ここまでの作業でローカルのGitリポジトリはdevtest01bランチが切られているが、リモート(今回の場合はGitHub上)へは反映されていないのでPush(リモート上へ反映)をしていく。

プロジェクト上で右クリック→チーム→ブランチのプッシュ
こんな感じでウィザードが進む

プッシュ!

成功したようなのでGitHubを確認していく

devtest01ブランチが追加されているのが確認できればOK

お疲れ様!これで君もGitHubマスターだ!