【インディーズゲーム応援キャンペーン実施中】

自宅での読書の楽しみ方教えます。読書を習慣化させるコツ

読書を習慣化したいのに毎回続かずにやめてしまう、という人が多いと思います。

私も以前は読書が苦手で漫画や雑誌ばかり読んでいました。

今では月に3冊ほど読むくらい習慣化しています。

今回は読書を挫折してしまった方に向けて、習慣化するコツをご紹介していきます。

読書を習慣化させるコツ

まず始めに
・読みやすい本を探す
・短い時間から読書する
・気楽に読書をする

慣れてきたら
・好きなジャンルを知る
・並行読みで気分によって読む本を変える
・好きな作者を探す

読みやすい本を探す

本を習慣化させる理由は人それぞれですが、中にはビジネス書籍を読んで知識を増やしたいと思う人もいるでしょう。私もその一人でしたが、最初に買ったビジネス書籍は読みにくくてすぐに挫折しました。そこで私が次に読んだのは表紙とタイトルだけで選んだ小説でした。

小説は物語を頭でイメージさせながら読むことが出来るので、スラスラと読むことが出来ます。読書の目標とスタートが必ずしも同じでなくても良いのです。小説を何冊か読むうちに習慣化していき、ビジネス書籍にも抵抗なく入ることが出来ました。

短い時間から読書する

読書を継続させるんだと意気込んで最初から時間を決めて読書をすると達成できなかった時にモチベーションが下がって継続が難しくなります。最初は何時間でも何分でも良いので本を開きましょう。気が乗るときや面白い展開の時は必然と読書時間も長くなっていきます。毎日のハードルを下げて続けやすいを一番に考えてください

気楽に読書をする

最初の頃は本を最初から最後まで読むべきという固定概念みたいなものがあります。面白くないと感じている本を最後まで読むのは苦痛です。楽しむために読書をするのに苦痛を感じていたら意味がありません。

面白くないと思ったらその時点でその本を読むのをやめましょう。誰にでも相性はありますので自分には合わなかったと気楽に考えて、次の本を探しましょう。

また、ビジネス書籍はストーリーが繋がっている訳ではないので、気になる部分だけ読んでも問題ありません。大抵のビジネス書籍は章ごとに書かれている内容が違います。目次でどの章に何が書かれているか分かるのでそれを参考にしましょう。

好きなジャンルを知る

本には推理や恋愛、SFなどのジャンルがあります。もちろんビジネス書籍も一つのジャンルです。好きな本や読みやすい本を知ることで継続するハードルは下がっていきます

好きな本のジャンルは好きな映画やドラマのジャンルに似ています
他のコンテンツで好きなジャンルと同じジャンルの本を選ぶことで、読んでいる内容がよりイメージしやすいです。好きなジャンルが分からない場合は興味のある分野から本を選びましょう。

好きな作者を見つける

これも好きな本や読みやすい本を探す方法です。当たり前ですが、作者が同じ本というのは作者の特徴が反映されています。ビジネス書籍でも作者によっては長文で説明する人や図を多く入れて説明している人などの特徴があります。
読書が習慣化してきたと思ったら、好きな本の作者が書いた別の本を読むことをオススメします。

並行読書で気分によって本を変える

一つの本を読んでいると気分が乗らず、読む速度が遅くなって最終的にはその本を読み切らずに終わってしまう事もあります。そんな時に並行読書という読書術がオススメです。並行読書というのは複数の本を並行して読む読書術になります。

違うジャンルや作者の本を読むことで、気分が乗ってスラスラ読める事があります。この本を読むのがしんどくなったと感じたら迷わず別の本を読みましょう

私の場合は、ビジネス書籍の内容や書き方にもよりますが、読んでいる内に疲れてきます。疲れを感じた時は小説を読むという風にビジネス書籍と小説を上手く切り替えています

今回のご紹介は以上になります。
読書は知識や想像力を養う以外にも話題の提供などメリットがたくさんあります。読書を習慣化させるには無理なく続ける事が一番大切です。今回ご紹介した方法をぜひ試して読書を始めてみてください。

Written by ヒツ サダハル